ラブライブ!ログss
ラブライブ!のアニメ、声優、SS等をまとめたサイトです。

    トップ » ミカ

    ミカ

    1: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/20(土) 19:52:53.79 ID:etuMZ6or
    『はなよは、あいどる!りんちゃんは?』

    『えーとね、りんはね…』

    【昨年・オープンキャンパス】

    凛(中3)「えぇー!廃部!?><」

    モブ二年「ごめんね。最低でも十一人いないと、ちゃんとした試合もできないし…人数が全然足りなくて」

    凛「うぅ…アニメや漫画みたいにカッコよく、廃部になった部活を復活させてくれる人いないかにゃ…」ガッカリ

    花陽(中3)「えっと…気を落とさないで。凛ちゃん…サッカー以外でやりたいことってないの?」

    凛「まだちょっと考えられないよ…凛はいいから、かよちんは何やりたいの?」

    花陽「えっ。…わ、私は…」モジモジ

    凛「んー?」

    花陽「…ううん。なんでも、ない…」

    凛(もー。かよちんは相変わらずだよね…凛にだって思ってることなかなか言ってくれないし、こんなんで友達できるのかにゃ?)

    凛「やりたいことがあるんだったら言ってみて。別に、言ったら絶対やらなきゃいけないわけじゃないんだから」

    花陽「そ、そうだよね…えっと…」

    凛「なになに?」

    花陽「あのね…凛ちゃんは、スクールアイドル…って、知ってる?」

    凛「あー、学校の部活でアイドルグループみたいなことやってる人たちだよねー?」

    花陽「うん…UTXのA-RISEみたいな…」

    凛「そっか。かよちんは昔から大好きだもんね。アイドル♪」

    『はなよは、あいどる!』

    花陽「う、うん…だから…」

    凛「じゃあ、かよちんは音ノ木坂のスクールアイドルになりたいんだ?」

    花陽「わ、私!?…む、無理…」

    凛「えー?><…じゃあ、かよちんは何やりたいの?」

    花陽「えっと…スクールアイドルやる人がいたら、応援…したいなって…」

    凛「応援?…じゃあ、チア部?」

    花陽「そ、そういうことじゃなくて…」

    凛「かよちんがスクールアイドルのマネージャーになるの?」

    花陽「っていうか…私は、見てるだけで全然…」

    凛「もー。それじゃ部活にならないよ!ただのヲタクじゃん」

    【花陽「ひと夏の」ミカ「三日天下」凛「にゃ」】の続きを読む

    1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/06/07(火) 13:31:57.40 ID:XOEc749I
    過去作
    穂乃果「怪人Lの呪い?」
    にこ「‥‥」
    希「おっじゃま~」


    文化祭のはなしです

    【ヒデコ「μ's一芸大会ーー!!」】の続きを読む

    1:2016/05/01(日) 23:05:01.65 ID:
    ヒデコ「みんなμ'sの誰推しなの?」


    ヒデコ「あー…」


    ミカ「遂にきたかその質問!」


    ヒデコ「μ'sのこといろいろ手伝うようになって時間経つし、メンバーとも面識できてきたじゃん? 」


    フミコ「確かに…」
    【ヒデコ「ところでさ」 フミコ・ミカ「ん?」】の続きを読む

    1:2014/09/27(土) 00:54:45.60 ID:
    ――1430 6限授業中

    教師「あー、この問題を~高坂、答えてみろ」

    穂乃果「えっ、うぇ!?」

    海未「ちゃんと聞いていなさい穂乃果!」

    ことり「穂乃果ちゃん分かる?これだよこれ」

    穂乃果「あ、うん!ありがと!えーっとですねぇ」

    教師「堂々と他人のノートを見るな!」

    <ピンポンパンポーン
    <2年生のヒデコさん、フミコさん、ミカさん。2年生のヒデコさん、フミコさん、ミカさん。
    <B-76、B-76。至急、理事長室に来てください。繰り返します。至急、理事長室に来てください。

    教師(また理事長なんかやらかすつもりか……)

    ヒデコ「というわけで行ってきます」

    フミコ「きます」

    ミカ「ます」

    教師「…あいよ」

    海未(何ですかB-76って)

    ことり(海未ちゃんのおっぱい?美味しかったなぁ♪)

    穂乃果「あ、Bの76です!」

    教師「全然違う!」
    【【ラブライブ!】 ヒデコ「割と暇な」 フミコ「私達の」 ミカ「日常」】の続きを読む

    このページのトップヘ