1: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:02:55.75 ID:EF3fAFA/
ルビィ「ん?」

善子「よく私のこと見てる気がするんだけど」

ルビィ「えー、そうかなぁ」

善子「いや絶対とは言えないんだけどね」

ルビィ「うん」

善子「でもなんか視線を感じるのよねえ……」

ルビィ「ふーん…」

2: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:04:13.94 ID:EF3fAFA/
ルビィ「考えすぎじゃないかなぁ?」

ルビィ「気のせいだと思うよ」

善子「…そう、やっぱり私の思い過ごしなのかしら」

ルビィ「…」


ルビィ「……多分ね」ボソッ

善子「え?」

ルビィ「ううん、何でもないよ」

善子「?まあいいけど」


……


3: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:04:59.31 ID:EF3fAFA/
ルビィ「…あっ、もうこんな時間だ…そろそろ帰らなくっちゃ」

ルビィ「それじゃあまたね、善子ちゃん」バイバイ

善子「ええ、また明日」テヲフリ



善子「……」

善子「…本当に気のせいなのかしら……?」

4: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:05:55.61 ID:EF3fAFA/
─翌日


ルビィ「…」ジーッ

善子「…」ペラッ

ルビィ「……」ジーーッ

善子「……」ペラッ

ルビィ「………♪」ジーーーッ

6: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:06:36.15 ID:EF3fAFA/
善子「……」


善子「……はぁーっ…」パタン

善子「…ちょっと」フリムキ

ルビィ「んー?」ニコニコ

7: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:08:19.43 ID:EF3fAFA/
善子「ルビィ、やっぱり私のこと見てるでしょ」

ルビィ「どうだろうねぇ?」ニコニコ

善子「はぐらかすのはやめて」

ルビィ「うーん」

善子「見てたわよね?」

8: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:08:57.61 ID:EF3fAFA/
ルビィ「そうだなぁ…」

ルビィ「ねえ、仮にルビィが善子ちゃんを見てたとしてさ、それで善子ちゃんは何か困る事でもあるの?」

善子「質問に質問で返さないで……困るわけじゃないけど気になるでしょうが」

ルビィ「答えてはくれるんだね、やっぱり善子ちゃんは優しいなぁ…」エヘヘ

9: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:10:12.93 ID:EF3fAFA/
善子「…そんなのいいから早く私の質問に答えてよ」

ルビィ「善子ちゃんってせっかちだね」

善子「あんたが何時までもとぼけるからでしょうが」

ルビィ「アハハ、そうだった」

ルビィ「…ん、いいよ教えるね」

ルビィ「善子ちゃんの言った通りだよ、ルビィね、ちょっと前からずっと善子ちゃんのこと見てた」

善子「即答ね…ねえ、なんで私のことずっと見てたわけ?」

ルビィ「それはね、気になったから」

善子「気になるって何が?」

10: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:10:58.11 ID:EF3fAFA/
ルビィ「ルビィや花丸ちゃんと話していないときの善子ちゃんって、いつもどんな感じで」

ルビィ「何をしているんだろうって」


善子「…」

善子「……え?それだけ?」

ルビィ「うん、それだけ」

11: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:12:51.65 ID:EF3fAFA/
善子「あぁ、そう……」クタ

ルビィ「どうしたの善子ちゃん」キョトン

善子「どうしたもこうしたもないわよ…」カオニテヲアテ

善子「何よもう…ずっと見られているから、なにか大事なことでもあるんじゃないかと思ってたのに……」ハァーッ

善子「拍子抜けもいいとこだわ…」

13: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:15:46.58 ID:EF3fAFA/
ルビィ「え?大事なことだよ?」

善子「はあ?これの何が大事だっていうのよ」

ルビィ「ルビィの知らないことを知るってところかなぁ」

善子「いや、言わんとしていることは分からなくもないけど…」


善子「でもさ」

善子「……私を知ろうとすることが、そんなに重要なわけ?」

14: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:16:57.68 ID:EF3fAFA/
ルビィ「うん、すっごくすっごく大事」

善子「なんでよ?」

ルビィ「だってルビィ──」


ルビィ「善子ちゃんのことが好きだから」

15: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:17:52.32 ID:EF3fAFA/
善子「えっ」

ルビィ「…」


善子「い、いきなり何言ってるのよ…」

ルビィ「善子ちゃんが好きなのって」

善子「だからそれが……」

ルビィ「……」

善子「…なんとか言いなさいよ」

16: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:18:35.92 ID:EF3fAFA/
ルビィ「…」

善子「…ねえ、冗談でしょ?」


ルビィ「…うーん」

ルビィ「そうなのかなぁ?」

善子「なのかなって…あんたが言ったんじゃない」

17: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:19:26.88 ID:EF3fAFA/
ルビィ「うん、そうだね…じゃあさ」

善子「?」

ルビィ「善子ちゃんはどう思う?」

善子「…なにが」

ルビィ「さっきのルビィの好きが冗談だと思う?」

善子「それは…」

ルビィ「ルビィは本気だよ……でも」


ルビィ「善子ちゃんが冗談だっていうなら、本当にそうなるかもね」

19: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:21:37.79 ID:EF3fAFA/
善子「ルビィ…あんたたまにズルいこと言うわよね」

善子「そんなこと言われたら、冗談で返せるわけないじゃない」

ルビィ「えへへっ…ごめんね善子ちゃん」

ルビィ「この気持ちだけは、誤魔化したくなかったの」


善子「……」

20: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:22:17.79 ID:EF3fAFA/
善子「そう、やっぱり本気なのね……」

ルビィ「…嫌だった?」

善子「そういうわけじゃないわよ…ただ」

善子「……戸惑っているだけよ…少しだけ」

ルビィ「そっか……」


ルビィ「…善子ちゃんは優しいね」ニコッ

善子「どういうことよ」

ルビィ「だって、少しだけって嘘でしょ?」

21: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:23:15.21 ID:EF3fAFA/
善子「……」

ルビィ「大丈夫だよ、ルビィに気なんて遣わないで」

ルビィ「いけないのは、ルビィのほうだから」

善子「ルビィ…」

善子「……」



善子「あのね、私まだよく分からないのよ」

ルビィ「うん」

善子「今あんたに告白されても……私はそれを、どう返したらいいのか分からないの」

ルビィ「そうだね、いきなりだったもんね」

22: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:24:00.35 ID:EF3fAFA/
善子「…でも、ちゃんと応えなきゃ」

ルビィ「……」

ルビィ「別にいいよ?」

善子「えっ」

ルビィ「今ここで返さなくても」


善子「……どうして?」

23: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:25:13.93 ID:EF3fAFA/
ルビィ「だって善子ちゃん、困ってるから」


善子「…それは元はと言えばあんたのせいじゃない」

ルビィ「うん…だからだよ」

ルビィ「これ以上善子ちゃんを困らせたくないんだ……それに」

ルビィ「無理矢理答えを聞きだすようなこと、したくないから」

善子「…ルビィはそれでいいの?もしかしたら、返事がずっと先になるかもしれないのよ?」

ルビィ「もし長くなったとしても、善子ちゃんがそれで納得できるんなら、ルビィはいいよ」

24: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:27:45.91 ID:EF3fAFA/
善子「そう…分かったわ」

善子「……しばらく考えさせて」

ルビィ「ん、分かった…ルビィ待ってるからね」ニコッ

善子「ええ…返事は必ず……」


……


25: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:28:33.81 ID:EF3fAFA/
─それから一週間後


善子「……」ボーッ

善子「はぁ…」

善子(ルビィに告白されてからもうしばらく経つけど…まだ答えは返せていない)

善子「だってそういうの私分かんないし…」ハァ

善子(それにルビィのことだって、私はまだ全然知らない)



善子「……」

善子(ただ…)

26: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:29:25.75 ID:EF3fAFA/
善子(最近ルビィを見ていて、気付いたことがある)

善子(たとえば授業では結構真面目だったり、かと思えば肝心なところでボケていたり)

善子(そういえば昨日も忘れ物したとか言って慌てていたっけ)クスッ

善子(あとは、そう…)

善子(あの子、最初は結構な人見知りだって思ってたけど)


善子(……意外とよく笑うのよね)

27: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:30:28.81 ID:EF3fAFA/
ルビィ「んしょ、んしょ……」ガサゴソ

善子(今まであまりそっちのほうに意識を傾けていなかったっていうのもあるかもしれないけど…)ジーッ

ルビィ「……ん、これでよしっと」ポンポン

善子(こうして相手を見るだけでも、色々分かったりするものなのね)ジーッ

善子(ルビィの気持ち、今ならちょっとだけ……)

善子(…ってあれ?そういえば私、どうしてルビィのこと見てるんだっけ?)

28: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:31:41.47 ID:EF3fAFA/
善子(あの子に告白されたから?……違う、それだけじゃない…じゃあルビィのことが知りたいから?)

善子(…合ってるとは思うけどそれもなにか引っかかる、そもそも…なんで知りたいって思うようになったんだっけ)

善子(返事のため……じゃない、だって私はそのための答えを知らない)

善子(でも、それなら一体…何がそんなに気になるっていうのよ……)




『──え?大事なことだよ?』


善子「!」

善子「……あっ…」

29: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:32:25.17 ID:EF3fAFA/



『……私を知ろうとすることが、そんなに重要なわけ?』

『うん、すっごくすっごく大事』

『だってルビィ──』

『善子ちゃんのことが好きだから』



30: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:33:47.41 ID:EF3fAFA/
善子「……なーんだ、そういうことだったのね」クスッ

善子「今まで悩んでたのが馬鹿みたい」


ルビィ「…善子ちゃん?どうかしたの、なにか考え事?」ヒョコッ

善子「ルビィ…別に、何でもないわよ……もう終わったことだから」

善子(そして今から、始まることでもあるのよね…)

ルビィ「……ふーん、そっか」

ルビィ「ねえねえ、一緒に帰ろう?」

善子「ええ、そうね」

31: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:34:50.21 ID:EF3fAFA/



ルビィ「今日も楽しかったねぇ」

善子「そうね」

ルビィ「……」

ルビィ「…あっそうだ、ねえねえ善子ちゃん」チョイチョイ

32: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:35:35.05 ID:EF3fAFA/
善子「ん?どうしたのよルビィ」

ルビィ「うん、ルビィちょっと気になることがあって」

ルビィ「聞いてもいいかな?」

善子「別にいいけど、気になることって?」

ルビィ「…」



ルビィ「あのね、最近の善子ちゃんってさ──」

33: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:36:26.90 ID:EF3fAFA/
善子「ん?」

ルビィ「よくルビィのこと見てる気がするんだけど」

善子「へえ、そうかしら」

ルビィ「まあ絶対ってわけじゃないんだけどね」

善子「ええ」

ルビィ「でもなんか視線を感じるんだよねぇ……」

善子「ふーん…」

34: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:37:07.02 ID:EF3fAFA/
善子「考えすぎじゃない?」

善子「気のせいだと思うわよ」

ルビィ「…そっか、やっぱりルビィがそう思ってるだけなのかなぁ」

善子「…」


善子「……多分ね」ボソッ

ルビィ「え?」

善子「ううん、何でもないわ……ほら、行きましょ」

ルビィ「うん、善子ちゃん」

35: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:38:27.40 ID:EF3fAFA/
─スタスタ


ルビィ「…」ピタッ

ルビィ「……えへへ」

ルビィ「善子ちゃん、ルビィ分かってるよ…ちゃーんとね」クスッ

善子「?ルビィ何突っ立ってるのよ、置いていくわよー?」

ルビィ「ごめんね善子ちゃん、今そっちに行くからー!」



ルビィ「フフッ…返事、楽しみだなぁ……」スタスタ

36: 名無しで叶える物語(家) 2017/05/19(金) 13:38:48.49 ID:EF3fAFA/
終わりです。ありがとうございました

37: 名無しで叶える物語(庭) 2017/05/19(金) 13:39:14.10 ID:WWbgtnNl
ちょっぴり計算高いルビィちゃん… いいですね

40: 名無しで叶える物語(茸) 2017/05/19(金) 13:50:28.23 ID:3Vk4Vkmw
乙です。善子は相変わらず善い子だし大胆乙女ルビィも可愛かった…