1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:02:39.63 ID:fTfm+NoI
【都内某小学校】

こころ(体育は、別に苦手というわけではないですけど…)

凛ママ「顔を狙っちゃダメよー?」

「はーい!」

こころ(ドッジボール…人を狙ってボールをぶつけるなんて野蛮です。…ここあは、こういうの好きみたいですけど)

凛ママ「矢澤さん、前見て」

こころ「え?…きゃ」

凛ママ「おっと…」パシッ

こころ「…あ」

「せんせー、すごーい!」
「ずるーい!」

凛ママ「ふふふ。さーて、誰にぶつけちゃおっかなー?」

「わー!」キャッキャ

こころ(星空先生…)ドキドキ

【矢澤家】

にこ「星空先生?…こころの担任なの?」

こころ「ええ。お母さまより少し年下の…」

にこ「いや、知ってるけど。…ふーん。あの先生まだいたの」

こころ「お姉さまが小学生のときからいらっしゃるんですか?星空先生」

にこ「そーね。わりと美人で、人気もある先生だったけど」

こころ「優しくて素敵な先生ですよね♪スポーツも得意みたいですし…」

にこ「まあ、いい先生でよかったわね」

こころ「はい♪」

2: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:05:26.37 ID:fTfm+NoI
【翌日】

凛ママ「誰か、いらない?お魚は栄養あるのよー?」

こころ(欠席の人の分、余った給食があるみたいです)

凛ママ「じゃあ先生が食べちゃうよー?」

こころ「先生」ガタ

凛ママ「矢澤さん。食べる?」

こころ「私と勝負してください!」

凛ママ「えっ」

こころ「勝った方が食べるということで…公平に決めましょう?」

凛ママ「う、うん。じゃあそうしようか(別に、食べたい子がいるなら私はいいんだけど…)」

ザワザワ

こころ「あっち向いてホイ!」

こころ(前から思ってたんですけど…ホイって何なんでしょう?)

凛ママ「矢澤さんの勝ちね。じゃあ、どうぞ♪」

こころ「待ってください。半分こ、しませんか?」

凛ママ「え?…でも」

こころ「食べきれなくて残したら、もったいないですし…」

凛ママ「そっか。…じゃあ、勝った矢澤さんが好きな方選んでいいよ♪」

こころ(星空先生と半分こ…いつもより美味しく感じます♪)モグモグ

【翌朝・矢澤家】

こころ「ふふふふん♪ふふふふふん♪」

こころ「…うーん」

にこ「こころ?…どうしたの?難しい顔して…」

ここあ「むすべないのー?…ここあ、やってあげる♪」

こころ「自分でできます。…ただ、いつも同じ色というのもどうかと思いまして」

にこ「いいんじゃない?…こころに似合ってるわよ。黄色」ナデナデ

ここあ「ここあはー?にあう?いろっぽい?」

にこ「(意味わかってるのかしら…)似合うわよ。可愛い可愛い」ナデナデ

ここあ「えへー♪」

3: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:08:21.07 ID:fTfm+NoI
【小学校】

凛ママ「え?…私の好きな色?」

こころ「はい。先生は何色が一番好きですか?」

凛ママ「んー。一番は、やっぱり黄色かなぁ♪」

こころ「黄色…本当ですか!?」

凛ママ「うん。春っぽくて元気な感じがするし…まあ春じゃなくても好きだけどね。昔から」

こころ(よかった…先生の一番好きな色なら、変えなくてもいいですね♪)

キーンコーンカーン…

こころ「しかし、あのすずめは、ちっともパンを食べようとしません」

凛ママ「はい、ありがとう矢澤さん。じゃあ続きは…」

こころ(授業で目立つのは難しいですね…でも失敗しないように、いつも上手くこなしていれば…)

【グラウンド】

こころ(星空先生…やっぱり体育のときは特に素敵です♪)ポー

こころ「あっ><」コケッ

こころ「いたた…(私としたことが…よそ見して転ぶなんて)」

凛ママ「矢澤さん!…大丈夫?」

こころ「は、はい…(大失敗です…先生の前で、こんな…)」シュン

凛ママ「ケガしてるね…よし、保健室へ行くにゃ!」ギュ

こころ「え?…きゃ!?」

「せんせー!どこいくのー?」

凛ママ「すぐ戻るから、それまで自習!」タタッ

「じしゅーってなに?」
「十周じゃない?」
「そんなに走るのー?」

こころ「ちょっ…先生!自分で歩けます><」

凛ママ「このほうが早いでしょ?傷の治療は早いほうがいいから」

こころ(抱っこなんて…恥ずかしい…けど///)ドキドキ

ジャー

凛ママ「ちょっとしみるけど我慢してね」

こころ「…っ><」

凛ママ「よし、次は保健室!」ダッ

4: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:10:40.22 ID:fTfm+NoI
こころ「先生…ごめんなさい」

凛ママ「え?…どうして謝るの?」

こころ「私のせいで…授業の邪魔をしてしまって」

凛ママ「そんなことないわよ。矢澤さん、いつも真面目に頑張ってるじゃない♪」

こころ(いつも…気にかけてくださっていたのかしら?)

凛ママ「矢澤さんは頑張り屋さんで、とっても素敵よ♪」ナデナデ

こころ「///…星空先生のほうが…」

凛ママ「え?…なに?矢澤さん」

こころ「私…星空先生のクラスでよかったです///」ギュ

凛ママ「そ、そう?ありがと♪…エヘヘ」

【再び教室】

凛ママ「おやつは税込300円まで!消費税もあわせて、全部で300円までだからねー?」

「はーい!」

こころ(こういうときは…買ってきたお菓子より、手作りのほうがいいですね)

こころ(でも…全部お母さまとお姉さまに頼ってしまっていいのかしら?)

【矢澤家】

にこ「遠足か…じゃあ早起きしてお弁当作らなくちゃね」

こころ「あの…お姉さま」

にこ「ん、なあに?」

こころ「私、自分でお料理をしてみたいんですけど…」

にこ「え?…でも、お弁当って結構大変よ?私に任せなさいって」

こころ「じゃ、じゃあ…おやつだけでも」

にこ「おやつ?」

こころ(まずは、よくかき混ぜて…)シュラシュラ

こころ(生地がまとまったら、薄くのばして…)コロコロ

にこ「ほら、これで型抜きすれば失敗しないわよ」

こころ(…ハートの型は、星空先生専用にしましょう)

にこ「そういえば…星とハートって」

こころ「え?」

5: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:13:15.89 ID:fTfm+NoI
にこ「こころって、心でしょ。つまりハート」

こころ「!(ハートが私で、星は…星空先生!?)」

にこ「まあ、ほかにもいろいろあるけどね。動物とか魚とか…」

こころ(私のハートを、星空先生に…///)ドキドキ

【翌朝】

こころ(今日は、いつも以上にオシャレを…こういうところで差をつけなくては)

にこ「こころ。今日は遠足でしょ?」

こころ「ええ。ですから…」

にこ「動きやすい服装で行ったほうがいいわよ。また転んでも困るでしょ?」

ここあ「ここあみたいなふくー?」

こころ「そ、それは…でも」

にこ「服以外でもオシャレはできるわよ。私に任せなさい♪」

【小学校】

こころ「星空先生。おは──」

凛ママ「ご、ごめんね花陽ちゃん。わざわざありがと♪」

花陽「ううん。お弁当は大事だから、忘れたら大変だし…」

こころ(だ、誰!?…メガネをかけた女の子が、星空先生と仲良く…)

花陽「じゃあ、私はもう行くね」

凛ママ「うん。ホントにありがと!行ってらっしゃい…と、行ってきます♪」

花陽「ふふふ。行ってらっしゃい♪」

こころ(メガネ…星空先生は知的な女性が好みなのかしら?)

凛ママ「あ、矢澤さん。おはよう♪」

こころ「おはようございます…」

『花陽ちゃん』
『矢澤さん』

こころ「星空先生!」

凛ママ「えっ。…な、なに?」

こころ「私のことは名前で呼んでくださらないのですか!?」

凛ママ「あ、アハハ…見てたの?」

こころ(お弁当を忘れてくるなんて、星空先生も意外と…まあ、可愛いですけど♪)

6: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:19:51.21 ID:fTfm+NoI
こころ「さっきの人は…」

凛ママ「花陽ちゃん。昔からご近所で…まあ、家族みたいなものかな?」

こころ「そうなんですか…そ、それより」

凛ママ「あ、うん。えっと…こころちゃん?」

こころ「はい♪」

凛ママ「みんな揃ってるにゃ。じゃあ、順番に──」

こころ(いつもとは全然違うのに…先生は気づいてないみたい)ガクッ

凛ママ「あ。そういえば…こころちゃん」

こころ「は、はい?」

凛ママ「髪、今日は二つ結びなんだね♪」

こころ「え、ええ。…変じゃないですか?」

凛ママ「いつもの髪形も似合うけど、今日のも可愛いにゃ♪」

こころ(変えたときこそ、いつもの私を見てくれていることがわかる…お姉さまの言う通りですね♪)

凛ママ「はーい。みんな、注目!…この木は何の木か、わかるかなー?」

こころ「桜の木ですね」

「さくら?」
「さくらの木ー!」

凛ママ「そう、桜!まだ花が咲いてるね。千代田区の花といえば、桜だけど…」

凛ママ「千代田区の木は、桜じゃないんだよね。知ってる人いるかなー?」

「さくらじゃないのー?」
「花と木ってちがうの?」

凛ママ「千代田区の木は…これです♪」

こころ「松ですね」

凛ママ「はい、こころちゃん正解♪…千代田区の花は桜で、千代田区の木は松です。みんな覚えてね♪」

「はーい!」

こころ「…でも、どうして別々なんでしょう?桜も木なのですから、一緒でも良かったのでは…?」

凛ママ「きっと、決めたときに桜が好きな人と松が好きな人がいたんじゃないかな?…どっちも選べたほうがいいでしょ?」

こころ「なるほど…欲張ったんですね」

凛ママ「そうね。ごはんとおやつみたいな…ふふふ」

凛ママ「じゃあ、せっかく桜も咲いてるし…ここでお花見しながらお弁当にしましょう♪」

7: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:22:07.96 ID:fTfm+NoI
『ふふふ。行ってらっしゃい♪』

こころ(星空先生のお弁当は、メガネのお姉さんが届けに来たけど…もしかして、あの人が作った…?)ジーッ

凛ママ「ん?…な、なに?こころちゃん」

こころ「星空先生って、お料理はできるんですか?」

凛ママ「え。…できないように見える?」

こころ「そ、そんなことないですけど。じゃあ、今日のお弁当は…」

凛ママ「もちろん私が作ったのよ。うっかり家に忘れてきちゃったけど…」

こころ(メガネさんに作ってもらったわけじゃないみたいですね)ホッ

凛ママ「ほら、このチキンロールなんてうまくできたと思うんだけど」

こころ「彩りがキレイですね。お野菜がいろいろ入ってて…」

凛ママ「味だって美味しいわよ。食べてみてよ♪」

こころ「え。…よろしいんですか?」

凛ママ「これ食べたら、私がお料理できるってわかってくれるはずよ♪」

こころ「じゃ、じゃあ…いただきます♪」

凛ママ(私の普段のお昼はみんなと同じ給食だけど、いつも凛のお弁当作ってるんだから♪)

こころ(星空先生の手料理…♪)モグモグ

凛ママ「お味はどうかにゃ?」

こころ「とっても美味しいです♪」

凛ママ「えへへ。やったね♪」

こころ(美人で、優しくて、スポーツが得意で、お料理も上手!…将来結婚するなら星空先生のような…というより、星空先生がいいです)ドキドキ

こころ&凛ママ「ごちそうさまでした♪」

こころ(もちろん、お姉さまに作っていただいた私のお弁当も美味しかったですけど…)

こころ「あ、あのっ…星空先生?」

凛ママ「ん、なあに?こころちゃん」

こころ「先生は甘い物はお好きですか?」

凛ママ「うん。甘い物もだいたい何でも好きよ」

こころ「じゃあ…よかったら、これ…どうぞ!」

凛ママ「お菓子?」

こころ「はい。私が作った物でよろしければ…」

凛ママ「へえ、こころちゃんの手作り!?…どれどれ」

9: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:25:36.28 ID:fTfm+NoI
こころ「…」ドキドキ

凛ママ「わ。かわいいクッキーね♪…私が食べちゃっていいの?」

こころ「味見もしましたから、大丈夫です!」

凛ママ「ふふふ。じゃあ一つ貰うにゃ。いただきます♪」パク

凛ママ「…」サクサク

こころ「いかがですか…?」

凛ママ「おいしい♪やさしい甘さで…こころちゃんみたいなクッキーね。見た目も可愛いし♪」

こころ「そ、そんな///」

【神田明神】

凛ママ「ここは神田の明神さまです♪…何をする場所か、みんな知ってるー?」

「おまいり!」
「じんじゃ!」
「はつもーで!」
「うまがいるところ!」

こころ(縁結び、とか…)ドキドキ

凛ママ「ふふふ。じゃあ、みんなが元気で過ごせるように明神さまにお願いしましょう♪」

「はーい!」

こころ(星空先生のお嫁さんになりたいです///)

【矢澤家】

にこ「おかえり。どうだった?遠足」

こころ「バッチリでした♪」

にこ「そ」

ここあ「なにがー?」

【星空家】

凛ママ「可愛いクッキーくれたの。手作りですって♪」

凛「へー。それで、クッキーは?」

凛ママ「え?…いや、もうないわよ」

凛「なーんだ…」

凛ママ「ほら、この子がこころちゃん。可愛いでしょー?」

凛(遠足の写真かぁ…小学校とか、ちょっと懐かしいにゃ)

10: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:37:33.51 ID:fTfm+NoI
【翌朝】

こころ(これをかければ、私も…)カチャ

こころ「!?(視界が暗くなって…お、お姉さまはこんな物をかけて外出なさっていたの…?)」

にこ「こころー?支度できた?」

こころ「は、はいっ」フラフラ

ドン

こころ「きゃ」
にこ「おっと…大丈夫?」ギュ

にこ「…って、それ私のサングラス…なんでそんなのかけてんのよ?」

こころ「こ、これは…その、何と言いますか…」モジモジ

にこ「こころがそんなイタズラするなんて珍しいわね。ここあならともかく…」

ここあ「ここあ、いたずらしてないよー?」

こころ「…メガネをかければ、私も賢く見えるかなって…だから」

にこ「メガネ?…いや、そんなのなくても、こころは充分賢いわよ。大事なのは見た目より中身でしょ?」

こころ「そう…ですよね」

にこ「そーよ。今日も頑張りましょ♪」ナデナデ

こころ「はい♪」

【小学校】

凛ママ「みんな、金魚すくいってやったことあるかな?」

「あるー!」
「いっぱいとれた!」
「ぜんぜんとれない!」

凛ママ「ふふふ。先生も好きだけど、あんまり上手じゃなくって…」

こころ(星空先生は金魚すくいが上手じゃない…と。先生のことは何でも知りたいです♪)

凛ママ「ここにいる金魚は、先生のお友達が──」

こころ(星空先生の、お友達…あのメガネのお姉さん、とか?)

『お弁当は大事だから、忘れたら大変だし…』

凛ママ「川や沼には、こういう魚がいます。鯉、フナ、なまず…」

凛ママ「そして、海にはこんな魚がいますね。水族館でも見られます」

「スーパーにもいるよ!」
「おすしやさん!」

凛ママ「そうね。…じゃあ、金魚はどっちの仲間か、わかるかな?」

11: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:43:25.90 ID:fTfm+NoI
『昔からご近所で…まあ、家族みたいなものかな?』

こころ(家族みたいなもの…ただのお友達じゃないってこと、ですよね)

凛ママ「じゃあ…矢澤さん」

こころ「…」

凛ママ「こころちゃん?」

こころ「えっ。…は、はい?」ガタ

こころ(星空先生のことで頭がいっぱいで…授業を聞いてませんでした)

「食べられないから!」
「ナマズは食べられるんだよー?」
「ナマズだからマズいよ!」

キーンコーンカーン…

こころ(…いけませんね。こんなことでは…星空先生を困らせないように、ちゃんとしなくちゃ)

凛ママ「…というわけで、出席番号順に回ります。忘れずにお家の人に見せてね!」

こころ(私は矢澤ですから、最後の方ですね…相川さんや青木さんとか、早い人がうらやましい)

【矢澤家】

にこ「ふーん。家庭訪問ねえ…」

ここあ「せんせいがくるのー?」

こころ(気合いを入れてお掃除しなくちゃ!それに身だしなみも…)

にこ(こころのお気に入りの星空先生か。私のこと覚えてるかしら?)

【数日後】

ピンポーン

こころ「キマシタワー!」

にこ「どこかで聞いたようなセリフね…」

にこママ「はーい」

凛ママ「お邪魔します♪」

こころ「こんにちは、星空先生。ようこそいらっしゃいませ♪」

ここあ「いらっしゃいませ♪ごちゅうもんはー?」

にこママ「ふふふ。うちはお店じゃないわよ」ナデナデ

凛ママ「これ、穂むらのおだんごです。よかったら…」

にこママ「まあ。すみません…いつもお世話になってるのに、お土産までいただいて」

凛ママ「いえいえ。三月まで凛がお世話になりましたし…そのお礼も込みです♪」

12: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:44:46.09 ID:fTfm+NoI
ここあ「りんってだれー?」

にこママ「星空先生の娘さんよ。にこの後輩ね」

こころ「む…すめ?」

凛ママ「ええ。うちの凛は今高校一年生なの」

こころ「」

凛ママ「こころちゃんは本当にしっかりしてて…私のほうがお世話になってるくらいですよ♪」

にこママ「ふふふ。ホントに?」

にこ「…何、まさか知らなかったの?」

こころ「うぅ…」シクシク

にこ(そういう意味で好きだったのね…子供のくせに)ヤレヤレ

凛ママ「よく似てるって言われるんですよー。凛が大きくなって、ますます似てきたって」

こころ(でも…星空先生の娘さんは、お姉さまより年下の十五歳)

こころ(星空先生によく似ていると…しかも十五歳なら結婚はしていないはず)

【六月】

にこ「は、はぁ?…凛に会いたい?」

こころ「はい!是非!」



おわり

23: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 01:09:01.57 ID:/pLCipnc